atom で C++ を勉強する準備

概要

諸事情でC(C++)を勉強したいということになり、普段使っている atom でとりあえずかけるようにする準備をしたのでそのメモです。

やったこと

  • atomにプラグインを追加
  • 実際にはじめてのコードを書く

atomにプラグインを追加

今回下記のプラグインを追加しました。

  • atom ctags: 参照先にジャンプする便利プラグイン
  • language-cpp14: C++ を書きやすくするプラグイン
  • gpp-compiler: atom上でコンパイルするプラグイン
  • linter-cpplint: C++ の文法チェック

とりあえずこれだけ。

実際にはじめてコードを書く

よくあるはじめに標準出力にだすやつ

#include <iostream>
using namespace std;
int main() {
cout << "ようこそC++へ!n";
return 0;
}
ちなみにlinterが効いていて

app_cpp_-___works_ryo_cpp

copyrightとかのエラーが出てたんですが、本のコードをそのまま持ってきただけなので一旦無視で...
atomでコンパイルできるっぽいプラグインを入れたんですが、なんか動かなかったのでコンソールでコンパイルと実行をしてみた。
[ryo@annp-mac] ~/works/ryo/cpp
% g++ -o test app.cpp
[ryo@annp-mac] ~/works/ryo/cpp
% ls
app.cpp test*
[ryo@annp-mac] ~/works/ryo/cpp
% ./test
ようこそC++へ!
とりあえずはじめの一歩ということで。
(ちなみに cout を cont って書いていることに気づかずちょっと「?」になっていた)
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です