要件定義というもの

今作ろうとしているアプリケーションは、少し俯瞰したところから作成しようと考えていた。
思えば、設計というものをやったことがない。
いつだって突発的に作成したくなって、その勢いのままアプリケーションを作っていた。

今回は、

  • そのアプリがどういうものなのか(Readmeをつくる)
  • ユーザの基本的な行動をつくる
  • データベースのテーブルを決める
  • システム環境を決める
  • サイトのページ構成(RailsのRouting)を決める
  • 最低限どこまでやるか
  • 将来どういうことをやるか

というところを決めてから作業することにしてみた。

上は頭のなかでこの辺りまで決まっていればいいだろうと思ったことだけれど、
本当の要件定義さんたちはもっと大規模な者を長い時間で沢山の人とつくっているので
ココらへんのことをすごく厚めにやるんだろうなと思い、ちょっとその辺りも勉強してみたくなった。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です