git rebase -iの復習

commitをまとめる commit -i が時々記憶喪失になるので復習。

commitをまとめるとき

$ git rebase -i <表示するcommitの数>
※<表示するcommitの数>は HEAD~~ って書いたり HEAD~2とか書く。ここを抜かすとたくさんcommitが出てきてしまう

このコマンドを打つと編集画面が開く。
そこで squash(※sでもいい)を入力する。pickと表示されている部分でまとめたいものをsquashに変更すればいい。
まとめたいふたつのものの下の方にsquashを入れると良さそう。

するとまとめるためのcommitメッセージの編集画面が開くのでそこでメッセージを入力。
コメント行以外すべて出力されるので注意。
保存してgit logで確認すると内容が変わっていることを確認できます。

その他

  • commit内容が変わってしまっているので、git push -f する必要がありそう。
  • rebase -iの画面でcommitの順番を入れ替えると、その上でcommitを合体させる
    ことができたっぽかった(コンフリクトすると大変そう)
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です