annotate gem

railsのアプリでコードの修正を行っていたら、一つしかファイルを修正していないのにmodel系のコードが沢山変更されていた。
変更点を見てみるとschema informationと書かれたファイルがことごとく変更されている。
これ前からなんなのかなーと思いながら調べていなかったので調べてみたら、なるほどgemだった。

annotate gem

この記事がとてもわかりやすかった。schemaを見に行こうと思うと db/schema.rb を見に行かなければ行けないわけだけども、このgemを使用するとapp/model/のなかのファイルにschema情報を書いておいてくれるらしい。確かに便利そう。

全然確認するほどschemaが複雑ではないけれど、今度自分のrailsアプリにも入れてみよう。

github: https://github.com/ctran/annotate_models

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です