Alesis SR-16を購入した


DTMのドラムの打ち込みに全くなれず7年が経ちまして、意を決して時代を逆行しました。以前使っていたMRT-3で曲を作っていて、ほんの少しだけ物足りなかった。SR-16は91年製でMRT-3よりも古いのだけど、当時は54800円で販売していたというところに希望を見出して購入してみた。

ループで回しながら打ち込めるのはSR-16もMRT-3と同じ感覚でできてすごく良かった。ボタンがSR-16のほうが多いので慣れれば操作性が良くなりそうな気がする。画面の情報量も多い。

というわけで早速録音してみた。

  • 18時に届く
  • とりあえずつけるように説明書を読む(日本語はダウンロードの必要あり)
  • 自分用のドラムキットを作る
  • 曲の進行とカッティングを決める
  • ドラム打ち込み
  • ベース録音
  • ギター録音 2本

で23時に終わった。やっぱりDTMの打ち込みよりこちらのほうが慣れている様子だった。すこしずつリハビリして使っていきたい。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です