CSVのデータ抽出の時に使ったrubyの配列

2つのCSVからデータを作成するときに便利だった。

引き算

片方の配列から、もう一つの配列の内容があったら削除する

pry(main)> [1,2,3,4,5,6,7,8] - [1,4,7,9]
=> [2, 3, 5, 6, 8]

マージ

2つの配列を合わせて重複を除く

pry(main)> [1,2,3,4,5,6,7,8] | [1,4,7,9]
=> [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9]

積(両方にあるもの)

両方の配列にあるものを抽出する

pry(main)> [1,2,3,4,5,6,7,8] & [1,4,7,9]
=> [1, 4, 7]

CSVを作成し直す手間が省ければ、かなり良い。
エクセルだけはどうしてもwindows版じゃないとしっくりこないので、いろいろいじれるようになると嬉しい。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です