このnoteを作成するまでに準備したこと

はじめに

このnoteを始めるにあたり簡単に準備じたことをまとめておきます。

環境準備

事前に以下の契約をしていたのでそちらを利用しました。

  • ドメイン => value domain
  • サーバ => coreserver
  • DNS => AWS Route53

CMSは最初tumblrにしようかと思ったんですが、できることが限られてなかなか難儀だったため数年前によく使っていたWORDPRESSを使用することにしました。
プラグインを使えば比較的なんでも出来てしまうことと、WPを使用したWEBサイト作成を勉強したかったので合わせてしまえというやつです。

導入手順

  1. 使用するURLのレコードを作成
  • あらかじめドメインはROUTE53に向けてあったので、新しいレコードをきってcoreserverに向ける
  1. 新しいホスティング区画の作成
  • coreserverのGUIでネームベースバーチャルの区画を作成
  • この時点で数分経っているので、新しいURLにアクセスできるようになっている(403だけど)
  • mysqlのデータベースを一個作成する
  1. koreserverのサーバにSSHで入る
  • coreserverはホストを登録するとSSHで区画に入ることができるので入る
  • 以下の手順でwordpressをインストールする
# wgetコマンドでwpのデータをサーバに直接ダウンロード
$ wget http://ja.wordpress.org/wordpress-4.2.2-ja.tar.gz
# 圧縮ファイルの解凍
$ tar zxvf wordpress-4.2.2-ja.tar.gz
# 解凍後のディレクトリに移動し初期設定ファイルをコピーする
$ cd wordpress/
$ cp wp-config-sample.php wp-config.php
# 初期設定ファイルの編集
# データベース名、ユーザ名、パスワードを編集しソルトを追加
$ vim wp-config.php
# rewriteも面倒だったので、topディレクトリに全ファイルを移動させる
$ mv ./* ../
この状態でurlトップにアクセスし初期設定を行う
インストール後
とりあえずひと通りの設定項目をいじった。主な部分は
  • コメント欄を無くす
  • URLの形式を /カレゴリー/投稿数.html の形式に変更する
  • jetpack pluginをいれる(※markdownを使いたいだけ)
  • とりあえず最初の記事を書いておく
  • このあとsyntax highlightを入れる予定
追記: 2015/07/06 23:31
インストールしたテーマ
  • Stacker Lite
  • Founder
インストールしたプラグイン
  • Crayon Syntax Highlighter
  • コードの各種シンタックスハイライト
  • Responsive Lightbox by dFactory
  • lightbox を実現
まとめ
ざっとこんなかんじで、だいたい1時間ぐらいでwordpressサイトを作成することが出来ました。
テーマとかを入れ始めると探すので時間がかかりがちなのでこのへんに今日はしておきたいと思います。
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です