『Githubの教科書』

はじめに

会社でsubversionを使っていたのですが、個人的なプログラミングをする上で厳しいなと思っているところがあったので、一年前くらいまでmercurialを使ってました。しかしもう時代の潮流的にGitだねという話になり、今年からGitへ環境を移していきました。

そんななかで、人と一緒にbitbucketを使ってコーディングする機会があったので、一度勉強をし直そうということで本の購入にいたりました。

感想

ざっくりとした感想として、読んでみてよかった本でした。他のバージョン管理ツールを使ったことがなくgitは我流で使っていた人にとっては、gitやgithubの全体像を掴むのにお手軽でちょうど良さそうです。

「WEBデザイナーのための」とタイトルに有るように、terminalやcmd(いわゆる黒い画面)にも不慣れな人でも使えるように説明されていますし。本当導入に最適だと思います。

読んでいて良いなと思ったのは、gitとgithubの使い方と合わせて、githubをつかった開発フローについて書かれていることでした。実際手を動かしているような場面想定で説明されていて大変わかりやすかったです。
 この開発フローの話って難しくて、現状のフローを変えるのってエネルギーを要すると思います。そんななかでこの本を使って社内共有できそうだなって思った。他のデザイナーの人にもぜひ読んで使ってほしいって素直に思えた本でした。

まとめ

今や多くのオープンソースな言語やライブラリなどのソースがgithubで公開されていて、そういう意味でもgitやgithubに触れて抵抗が少なくなることは大事なことのように思えます。

まだgitが浸透していないWEB制作会社があればぜひ会社に一冊な本でした。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です