容量確認のduコマンドに関するメモ

はじめに

CentOSのサーバの中で容量を確認するduのコマンドについてあんまり上手に使えてなかったので、基本的なことをメモしておきたい

メモ

du => カレントディレクトリでの容量をでぃレクトリごとにバーと出す

$ du
8 ./spell
12 ./working/ruby/sqlite
8 ./working/ruby/.hg/cache
8 ./working/ruby/.hg/store/data/2013-07-31
中略
12      ./.vim/plugin
200 ./.vim
142188 .
du -h => 容量を見やすくする。 -kはキロ表示、-mはメガで表示する。
$ du -h
8.0K ./spell
12K ./working/ruby/sqlite
8.0K ./working/ruby/.hg/cache
8.0K ./working/ruby/.hg/store/data/2013-07-31
中略
12K     ./.vim/plugin
200K ./.vim
139M .
du dir_name => dir_name内の容量表示
du -s dir_name => dir_name内の容量の総量だけを表示
$ du -sh working/
115M working/
とりあえずこんなところでしょうか。
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です