Jenkins さんをインストールしてみた

お仕事がだいぶ追い込まれ煮詰まってしまい、何か息抜きしたくなったので名前はよく聞いていたjenkins氏をサーバに招いてみようと思いました。

以下、どこかのサイトにもあるようなことを書きます。

そもそもjenkinsって?

CI=継続的インテグレーションってものらしいです。
テストを自動で、定期的にやってくれるというニュアンスを受けました(デプロイとかもあります)。
javaのようですが、rubyの人もつかっちゃいなよ。だそうです。

インストール

環境は、CentOS 6.5です。

jenkinsが標準のリポジトリにはいないようなので、リポジトリ追加。

$ sudo wget -O /etc/yum.repos.d/jenkins.repo http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins.repo
$ sudo rpm --import http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins-ci.org.key

インストール

$ sudo yum install jenkins

インストールが完了したら、jenkins氏を呼んでみましょう。

$ sudo service jenkins start

ドメイン:8080の環境でアクセスしたところあれ見れないなーと思ったら
iptablesを忘れてました。てへっ。設定そのままだと8080のポートのようです。

jenkins氏登場

おーでました。

さっそく使ってみる

「新規ジョブ作成」→「名前を入力、フリースタイル・プロジェクトのビルド」でok → 「ビルドの手順」をシェルの実行 で「ruby -v」と入れてみました。

このジョブの実行結果はこんなかんじで出ます(コンソール出力)

------------------------------
定期的に実行
ビルドします。 ワークスペース: /var/lib/jenkins/workspace/Goodbye World
[Goodbye World] $ /bin/sh -xe /tmp/hudson2127765012744002955.sh
+ ruby -v
ruby 2.1.0p0 (2013-12-25 revision 44422) [x86_64-linux]
Finished: SUCCESS
------------------------------

定期的に実行は、「設定」->「ビルドトリガ」->「定期的に実行」でcron的な設定ができます。

これは何やら捗りそうです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です