Ruby レシピブック — 013:クラス定義

12は飛ばします。

クラスについてはよくわかっていません。
後々わかるようになるものだと信じています。

[1] pry(main)> class C1
[1] pry(main)* class C2
[1] pry(main)* end
[1] pry(main)* end
=> nil
[2] pry(main)> c = C1::C2.new
=> #

クラス、モジュール、特異メソッドは改めて勉強したほうが良さそうです。
楽しいRubyです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です