s3のstatic website hostingをcliしてみる

まずコマンドをひとつひとつ確かめていこう。

バケットの作成

まずはバケットの作成

$ aws s3 mb s3://wnt.workapart.org/
make_bucket: s3://wnt.workapart.org/

うお、簡単すぎる。

static website hostingの値を変更する

# 設定する。json部分をシングルクォーテーションで囲むのがみそらしい
$ aws s3api put-bucket-website --bucket "wnt.workapart.org" --website-configuration '{ "ErrorDocument": { "Key": "error.html" }, "IndexDocument": { "Suffix": "index.html" } }'
# 一応設定出来ているか見てみる
$ aws s3api get-bucket-website --bucket "wnt.workapart.org"
{
"RedirectAllRequestsTo": {},
"IndexDocument": {
"Suffix": "index.html"
},
"ErrorDocument": {
"Key": "error.html"
},
"RoutingRules": []
}

bucket policyの設定

$ aws s3api put-bucket-policy --bucket "wnt.workapart.org" --policy file://put-bucket-policy.json

jsonファイルはこんな感じ

{
"Version": "2012-10-17",
"Statement": [
{
"Sid": "AddPerm",
"Effect": "Allow",
"Principal": {
"AWS": "*"
},
"Action": "s3:GetObject",
"Resource": "arn:aws:s3:::wnt.workapart.org/*"
}
]
}

ファイルの転送

aws s3 sync 元ファイル 転送先 ッて感じだろうか。

$ aws s3 sync /filepath/wnt/ s3://wnt.workapart.org/
upload: ./error.html to s3://wnt.workapart.org/error.html
upload: ./index.html to s3://wnt.workapart.org/index.html

よしよしこれで、一発スクリプト化する素材が揃ったので、合体させてみようか。

これらのコマンドを重ねて.shにして(エラー処理なし)
今んとこうまく行ってるっぽいすね。

引っかかったところ

・put-bucket-policy
aws s3api put-bucket-policy — bucket “wnt.workapart.org” — policy put-bucket-policy.json
A client error (MalformedPolicy) occurred: Policies must be valid JSON and the first byte must be ‘{’
=> — policyのところのファイル名を put-bucket-policy.json -> file://put-bucket-policy.json
これ常識なのかしら、知らんかったってか超ハマった。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です