MACBOOK PRO RETINA Early2013 を買いました

MACBOOK PRO RETINA Early2013を買いましたよ。なぜこのタイミングで6月発売のやつかというと、今年10月に発売したやつがメモリ4GBだったというところにあります。

今回買うに当たって一番の要件はメモリの増量とUSキーボードの購入でした。というわけで以前はAIRのLATE2010 11インチモデル(2GB/64GB)を使っていた私からすれば、AIRの13インチを買うという選択肢もありました。メモリは上がりますし全体的なスペックアップにもなるでしょうし。

ただ、二年ペースで購入になりそうという危惧と、その間の快適さを考えるとRETINAという選択肢もあるのだなというところでそこそこretinaとairでまよっていたところでした。家にminiの8GBメモリもあるのでそれこそairでいいのですけど結構外でコーディングしたいということも多かったり、LOGICを触りたいとかもあったりして、パワーがあるのに越したことはない。というところでした。あとretinaを買うならメモリは8GBと決めてたので、retinaを買うのであれば旧モデル(売ってれば)か新モデルを8GBにという感じでした。

ということでネックは重さと金額。金額は実に痛い。

結果的にretinaの旧モデルを買いました。決め手は、apple store渋谷で在庫を聞いたらあって価格聞いたら型落ちということで在庫限り129,800円だったこと。渋谷のヤマダ電機で値下げがさほどだしやっぱり英語キーボードはapple storeオンリーだったことでした。USキーボードは定価を覚悟していたので。

あと一旦apple store->ヤマダ電機->apple storeという順番で買ったため、店員の方がサービスを付けてくれて、そもそも対応も素晴らしかったけれど決め打ちの神対応でした。129,800円で定価144,800円から15000円引きに加えてそのサービスで更に得で来た感じでした。apple sotreで買ってだいぶ得した感じでした(サービスは使えばですが(使えるかどうかがまだわからない))

結果買って満足なMACBOOK PRO RETINAディスプレイモデルの開封画像。

箱。

UNIBODYなので特にAIRから代わり映えはなく。

下にもろもろ入っていました。中に入っていた拭くクロスが手紙型になっていたのが可愛かった。

retinaも薄いんですが比べてしまうと、やっぱりair薄いです。retina個人的には末端側が薄くないのでトラックパッドを押した時に安心して押せる感じもあります。

というわけでこれからセットアップを。

旧モデルということでこれからMavericksにアップデートとかです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です