macのRubyをアップデートした

air(1.9.3-p194)とmini(1.8.7)を持っていまして、それぞれRuby1.9.3-p448と2.0.0-p247の2つをインストールされている構成にしてみた。
一応デフォルトは2系にする予定。homebrew + rbenvでインストールしてみました。理由はairのほうがそれで前回やってたみたいなので(記憶なし)

http://blog.livedoor.jp/noanoa07/archives/1830891.html

こちらを参考にさせて頂きました。

#参考にさせていただいたサイトの3番までは終わっていたみたい。
#インストールできるrubyのバージョン情報更新と一覧の表示
$ brew upgrade ruby-build
$ rbenv rehash ← rehash を忘れずに!
$ rbenv install -list
$ rbenv install 1.9.3-p448
#私もここでエラーが出たので
#以下を試してみた
$ CONFIGURE_OPTS="--with-readline-dir=/usr/local --with-openssl-dir=/usr/local" rbenv install 1.9.3-p448
#インストールされているバージョン確認
$ rbenv versions

#デフォルトにするバージョンを設定
$ rbenv global 1.9.3-p448
$ rbenv rehash
#念のため確認
$ruby -v
-> ruby 2.0.0p247 (2013-06-27 revision 41674) [x86_64-darwin11.4.2]
#2.0.0もだいたい同じ感じです。
一応airもminiも無事2.0.0でokっぽい感じです。
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です